【2021年版】動画撮影におすすめのスマホ3機種をご紹介

 


今はスマホでもかなり綺麗な動画を撮影することができます。もちろん、センサーサイズやレンズの大きさなどの問題からデジタル一眼カメラと同等のレベルでは決してありませんが、それなりの動画を撮ることはできますし、どこでもいつでも手軽に撮影ができるというメリットもあります。そこで今回は、動画撮影におすすめのスマホを3機種ご紹介したいと思います。



■iPhone 12 Pro(Apple)



iPhone12 Proは、前の機種のiPhone 11 Proと同様、独立した3つのレンズ(超広角・広角・望遠)を搭載しています。広角レンズは、これまでのiPhoneで最も明るいf/1.6絞り値となっています。


1200万画素という高精細のカメラで、強力な光学式手ブレ補正も付いていますので、ブレの少ない滑らかな映像を撮影することができます。また、「LiDARスキャナ」がiPhoneとしては初めて搭載され、暗所でも背景を綺麗にボカした撮影が可能になっています。


 ・発売日(国内):2020年10月23日

 ・SIMフリー端末価格: 117,480円~

 ・画面サイズ:6.1インチ

 ・画素数:1,200万画素

 ・センサーサイズ:未公表

 ・ズームイン:光学2倍


※2021年1月20日時点での情報です。



ちなみに、iPhone 12 Pro Maxという上位モデルもほぼ同時期に発売されました。画面サイズが6.7インチと大型であるだけでなく、センサーサイズが大きく暗所での撮影にさらに強いです。また、光学2.5倍ズームが可能な望遠カメラ、センサーシフト式の手ぶれ補正機能が搭載されています。価格はiPhone 12 Proよりも1万円ほど高い設定になっています。



■Xperia1 II(SONY)



スマホでありながら、SONYのデジタル一眼カメラ「αシリーズ」の技術を継承したハイスペックカメラを搭載しています。優秀なハイブリッド手ブレ補正機能(光学式+電子式)が付いており、安心して撮影できます。


レンズは標準・望遠・超広角の3つを備えており、さまざまな構図の撮影に対応できます。SONYとツァイスが共同開発した高性能レンズ「ツァイスレンズ」を採用している点も大きな魅力です。また、1/1.7型の大きいセンサーを搭載しているため、暗所でもノイズを抑えた撮影ができます。


21:9のワイド画面を採用しているのも特徴的です。映画とほとんど同じ比率なので画面上下に余分な黒帯が入ることはありません。


・発売日(国内):2020年5月22日

・SIMフリー端末価格: 136,400円~

・画面サイズ:6.5インチ

・画素数:1,220万画素

・センサーサイズ:1/1.7型

・ズームイン:光学3倍

※2021年1月20日時点での情報です。



■Galaxy S20 Ultra(Samsung)



1億800万の画素数(広角レンズ)、100倍の超解像ズーム(光学ズームは4倍、ハイブリッド光学ズームは10倍)という驚異的なスペックのカメラを搭載しています。


超広角(1,200万画素)、広角(1億800万画素)、望遠(4,800万画素)、ToF(深度測位カメラ)の4つのレンズを搭載しています。イメージセンサーもスマホとしては非常に大型の1/1.33型を採用しており、魅力的です。


現時点でカメラのスペックが最強のスマホと言えるでしょう。ただし、今のところ国内ではSIMフリー端末が発売されておらず、キャリアではauのみが販売している状況となっています。


 ・発売日 (国内):2020年7月3日

 ・SIMフリー端末価格:未発売

 ・画面サイズ:6.9インチ

 ・画素数:10,800万画素

 ・センサーサイズ:1/1.33型

 ・ズームイン:光学4倍


※2021年1月20日時点での情報です。