空の産業革命に向けたロードマップ2019【林業・水産業について】

 

「小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会」は2019年6月21日に小型無人機の安全な利活用のための技術開発と環境整備として「空の産業革命に向けたロードマップ2019」を発表しました。


■林業分野のロードマップについて


今回は林業と水産業分野のロードマップについてです。

2020年度までに全都道府県・全森林管理局で森林被害の把握等にドローンを利活用することが掲げられています。


そのために、森林被害(山腹崩壊、病虫害、気象害等)の把握、森林資源情報の把握(空撮画像やレーザーセンシングによる高精度な森林資源情報の把握技術の開発やモデル地域での実証)、リモートセンシング技術の活用を前提とした造林事業の設計・施行管理手法の検討が行われているようです。



■水産業分野のロードマップについて


水産業分野では、カワウによる漁業被害防止として、カワウの繁殖抑制技術の開発・マニュアル作成や、鯨類の目視調査技術開発(調査船上からの安定的な離発着技術や鯨類の識別・群れに含まれる個体数の計数の実証)などが挙げられています。


また、前回に取り上げた農業分野においては、鳥獣害防止として鳥獣捕獲のための誘引の自動化が掲げられていることからも、ドローンがこのような分野において、今後大きな活動と期待・可能性を秘めていることが窺えます。


人の目となり、代わりとなるドローンは、”空を自動で飛べる夢のようなロボット”だと言えますね。



■東北のドローンはSORABITOまで



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンを活用した事業を手掛けています。建設現場の空撮はもちろん、調査・点検・測量など何でも可能です。またドローンの製造販売アフターフォロー、ドローン検定に向けての講習も行なっています。建設現場でのドローンの活用をご検討中のお客様は、ぜひご連絡ください。