測量分野でのドローン導入のメリット

 

■ドローンの活躍が注目されている分野!ドローン測量とは


ドローン測量は、ドローンに搭載されているカメラで測量地を撮影して行います。セスナでの測量と違い、低空飛行での撮影なのでより精度の高い測量が可能です。撮影した画像を測量専用のソフトウェアで処理を行い、高精度な測量データを作成します。


例えばドローン測量で得られるデータには「3次元点群データ」というものがあります。これは撮影した画像と、ドローンから得られる高度や位置情報などのデータを合わせて作られているため、3Dモデルや図面を作成したりA地点からB地点の距離や体積を抽出したりできます。



■ドローンは測量作業の効率化をしてくれる


これまで測量というと、時間と労力がかかる作業でした。しかしドローン測量は、従来の測量よりも作業時間を短くでき、作業の効率化を目指せます。


まず地上測量では、測量したい土地すべての測量地点をまわって数値を測らなければいけません。しかしドローン測量は、操縦地点からドローンを飛ばすだけで、全地点を測ることが可能なので、数日かかっていた作業も1日で終えることができます。また重機が入っている現場でも、ドローンなら現場を止めることなく測量が行なえるので、工期への影響をおさえられます。


測量後のデータ処理の際も、作業の効率化が狙えます。ドローン測量で得られるデータは、デジタルデータなのでそのままパソコンへ取り込み、処理ができるからです。データ抽出にかかる時間も短くなり、必要なデータを測っていればソフトウェアを使い3Dモデル作成や体積の算出などが簡単に行なえます。


さらに、ドローン測量は山間部や勾配の強い土地でもドローンなら人が立ち入ることなく測量が可能です。立入禁止や危険な場所での測量も安全に行なえるのです。



ドローンでの測量を始めるための最初のステップは、ドローン本体の導入と操縦者の育成です。もしそこがネックになっているのであれば、外注で行なうことから始めれば、導入のハードルを下げることができかもしれません。


ドローン導入はもちろん導入コストがかかります。しかし効率よく精度の高い測量データを得られるというメリットを考えれば、導入する価値は充分あるでしょう。



■東北のドローンはSORABITOまで



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンを活用した事業を手掛けています。建設現場の空撮はもちろん、調査・点検・測量など何でも可能です。またドローンの製造販売アフターフォロー、ドローン検定に向けての講習も行なっています。建設現場でのドローンの活用をご検討中のお客様は、ぜひご連絡ください。