空の産業革命に向けたロードマップ2019【インフラ維持管理について】

 

「小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会」は2019年6月21日に小型無人機の安全な利活用のための技術開発と環境整備として「空の産業革命に向けたロードマップ2019」を発表しました。


■インフラ維持管理のロードマップについて


今回はインフラ維持管理のロードマップについてです。

目視外飛行による長大なインフラの点検として、2022年度以降には都市部(有人地帯)のインフラ点検が示されています。

実現すれば人の手で確認しにくい橋、建物、道、送電線等を広域的に点検が可能になります。


そのためには様々な取り組みが必要になります。

高精度のデータ検出及び記録システムの確立、現場への導入をはじめ、風雨等の外乱下での遠隔位置制御技術や自動安全制御技術のの確立、現場への導入。

ドローン操縦者の技能向上ならびに人材確保ももちろん必要になります。


また、山間部等における目視内での短距離巡視・点検の検証や、都市部における目視内での短距離巡視・ 点検方法の検討も行われています。


ドローン等を活用したインフラ点検の実証・評価、 現場への導入として、 砂防施設等の維持管理へのドローンを用いた点検の自動化に着手及び、現場への導入の加速も示されています。



このようにドローンはインフラ維持管理においても大いに活躍してくれそうですね。



■東北のドローンはSORABITOまで



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンを活用した事業を手掛けています。建設現場の空撮はもちろん、調査・点検・測量など何でも可能です。またドローンの製造販売アフターフォロー、ドローン検定に向けての講習も行なっています。建設現場でのドローンの活用をご検討中のお客様は、ぜひご連絡ください。