プロでも撮れない!?ドローンで絶景空撮写真

 

■ドローンならではの撮影の魅力


ドローンの最大の魅力の一つに、人力では決して撮ることができないような絶景写真を簡単に手軽に撮れるということがあるのではないでしょうか。鳥の目線で空から写真を撮れたらいいなと、一度はカメラ小僧ならば想像したことがあるはず。今回はそんなカメラ小僧時代からの夢を叶えるべく、いわゆる一般的なプロカメラマンでもなかなか撮れないような、ドローンならではの絶景空撮写真の魅力についてご紹介していきましょう。



■”鳥の目”で撮影可能なドローンで絶景空撮写真


人間だけの力ではどうしても撮れない写真があります。それは上空からの写真です。確かに飛行機やヘリコプターをチャーターすれば取ることもできますが、10分間3万円といった価格で、なかなか気軽に利用できる値段とは言えないでしょう。しかも、自分がここだ!と思った景色を瞬時に撮ることもヘリや飛行機では難しいです。


その点、ドローンはどうでしょうか。近年ではどんどん小型化して折りたたみ可能のものや1万円台でお求めできてしまうという手軽さにまで進化してきております。インスタグラムやYoutubeといった個人発信型のSNSも今や当たり前に使われておりますし、絶景写真や動画にはいいね!がたくさんつくことも非常に多いです。自分のSNSのアピールにも有効ですし、自分の表現の世界を広げるツールとしてドローンは今や地位を確立してきております。今後、カメラとドローンを片手に個人が写真を撮りに行くという光景が増えてくるでしょう。



写真のような絶景写真を撮るのは人力では非常に苦労が多いでしょう。時には断崖絶壁を登ったり、熱帯雨林をかき分けたりと冒険をしないと撮れない写真もあると思います。ですが、ドローンを利用したらどうでしょうか。電波の届く範囲でしたら、空中はドローンの自由な空間です。簡単に絶景写真や動画を撮ることができます。


ドローンの購入が難しい方は、ドローンのレンタルサービスもあります。ドローンの操縦や撮影に自信がない方は、ドローン教室も今は非常に活発です。最悪、写真や動画のイメージを伝えて、ドローンの操縦を依頼するということも選択肢としてあります。


自分の表現量を高めていくことのできる相棒としてドローンを選択するのもありなのではないでしょうか。



■東北のドローンはSORABITOまで



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンを活用した事業を手掛けています。建設現場の空撮はもちろん、調査・点検・測量など何でも可能です。またドローンの製造販売アフターフォロー、ドローン検定に向けての講習も行なっています。建設現場でのドローンの活用をご検討中のお客様は、ぜひご連絡ください。