Gopro HERO8 BLACKの簡単な使い方

 

Gopro HERO8 BLACKを購入して撮影をしたい方もいるはずです。

しかし、撮影方法について知らない人もいるはずなので、内容を紹介していきます。



■Gopro HERO8 BLACKの撮影方法


Gopro HERO8 BLACKで撮影するためには起動した状態で電源ボタンを1回押して切り替えます。

その後に画面を横にスワイプすることで、カメラが撮影モードに切り替わります。

撮影モードに切り替わった後にGopro HERO8 BLACKでは3つの撮影モードがあるので、自分のやりたい撮影モードを選ぶ必要があります。

写真を撮影するときは写真撮影を選び、ピントを合わせて上面に赤丸に描かれたボタンを押すことで写真が撮れます。

動画の場合は動画を選んだ後に、同じく赤丸のボタンを押すと動画撮影が始まり、もう一度ボタンを押すことで動画撮影を終了させることができます。


撮影された写真や動画を確認したいなら、画面を下から上にスワイプすることで画像や動画確認ができます。

画面を上から下にスワイプすることで撮影画面に戻り、写真撮影を再び開始できます。



【ハイパースムーズの撮影方法】


Gopro HERO8 BLACKにはハイパースムーズ2.0が搭載されており、撮影に合わせて補正レベルが調整できます。


ハイパースムーズ2.0は

・オフ

・オン

・高

・ブースト


の4段階に分かれており、「高」と「ブースト」を選ぶと高い補正力を発揮し、例えば、激しくアクションシーンの撮影も揺れを最小限にして撮影ができます。

手ブレを大幅に改善することができるので、激しい動きで撮影がブレてしまいそうなときに「高」、「ブースト」を使用して撮影することがおすすめです。



【Gopro HERO8 BLACKにモジュールを備え付けてみる】

The GoPro HERO8 Black has a new microphone placement, closer to the lens. Image credit: GoPro

GoPro Mods. Image credit: GoPro



モジュールを付けてみることでGopro HERO8 BLACKの性能をさらに引き出すことができます。


モジュールには

・メディアモジューラー

・ディスプレイモジューラー

・ライトモジューラー


があり、それぞれを装着させることで動画や画像の質をさらに向上できます。

例えば、メディアモジュールであればクリアな音質を実現して雑音を軽減させることができます。

ハイクオリティな動画撮影を目指すならモジュールを付けることがおすすめです。



■東北のドローンはSORABITOまで



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンを活用した事業を手掛けています。建設現場の空撮はもちろん、調査・点検・測量など何でも可能です。またドローンの製造販売アフターフォロー、ドローン検定に向けての講習も行なっています。建設現場でのドローンの活用をご検討中のお客様は、ぜひご連絡ください。