ドローンを操縦する際に練習する方法とは?

 

ドローンを初めて操縦する時は、まず練習する必要があります。

ドローンを操縦する時に練習する場合は、次のような方法で行いましょう。



■ドローンはゆっくりと操縦する


次のような操縦は絶対に止めましょう。

ドローンを操縦する時は、急いでいなければゆっくりと行ないましょう。

ドローンをゆっくりと操縦する必要があるのは、次のような3つの理由があります。


理由の1つ目は、ドローンが飛行し過ぎて、考えてもみなかったようなところまで飛行するためです。


「急に車は止まれない」とよく言われていますが、ドローンの場合は空中を飛行するため、さらに車よりも方向を換えたり、停まったりすることが得意ではありません。

理由の2つ目は、画像が空撮する時などに乱れるためです。

演出のスリリングなものをしたくなければ、映像として乱れるようなものは良くないため、安定したものにするためにもドローンをゆっくりと操縦するようにしましょう。

スタビライザーがドローンにある時は、相当ドローン本体の揺れが少なくなります。

しかし、実際には、あまりにも急に操縦すれば、大きくスタビライザーが動き過ぎて、映像に余計なものが写る時があります。

このことが、ゆっくりとドローンを操縦する必要がある3つ目の理由です。

特に、空撮する時は、ドローンをゆっくりと操縦して、急に方向を換えたり、スピードを変えたりしないことが、基本的なドローンを操縦する方法です。

ドローンを操縦する時は、ドローンのスピードを人が歩く半分以下にする必要があります。



■「高さ」のイメージを把握する


ドローンを操縦するために初めて練習する時は、普段の生活において感じない高さのイメージを把握することです。


空を飛行するドローンを操縦するには、地上の人のイメージを超える高さ、つまり、航空法の場合は150m未満、空撮を実際にする時は30m程度の高さまでのイメージを把握することが必要です。


そのためには、ホバリングと上昇を5mごとに行って、高さをアプリの画面でチェックします。

このようなことを繰り返せば、5mほど自分が上昇したと考えた時に、高さもアプリの画面でちょうど5mになります。

最終的に、アプリの画面をチェックしなくても、どの程度の高さにドローンがいるかが把握できるようになるでしょう。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact