火星でドローンを飛ばすと

 

■イーロンマスクの火星旅行計画


 2020年5月30日に米スペースX社は有人宇宙船の運用に成功しました。スペースX社長のイーロン・マスクは火星移住計画も持っているそうです。


では火星でドローンを飛ばすとどうなるのでしょうか?

大きく次の様な問題が考えられます。



●音速を簡単に超えてしまう


 音速は空気の組成と温度に依存します。火星の大気と温度から考えると、火星探査に使う程度の高度では時速300−400km/h程度で音速を超えてしまいます。当然ドローンのブレード先端は音速を超えてしまいます。故アイルトン・セナは"音速の貴公子”というキャッチフレーズでしたが、F1程度でも火星なら音速を超えてしまいます。



●揚力が得られない


 空気の組成上、密度・粘性が違うので、地球の様な設計の翼では揚力不足となってしまいます。


●折り紙が飛行機になる


 上二つから、ドローンも回転翼型ではなく固定翼の物が考案されています。上のプラン以外にも以下の様な物が考案されていました。


ARES


 折り紙飛行機や旧日本軍の”晴嵐”を彷彿とさせます。”ICON A5”という小型飛行機もありました。


ICON A5



テラフォーマーズな未来は生きているうちに来てほしい...


マンガ”テラフォーマーズ”では火星に移住する前段階でゴキブリを移入させ、様々な問題が起こりましたが、出来るなら我々が生きているうちに火星のテラフォーミングと移住が完了していて欲しいですね。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact