ドローンを仕事で使う時に取得すべき資格とは?

 

ドローンを仕事で使う場合は、まず次のような資格のいずれかを取得しましょう。

このような資格の中からいずれか1つを取得すると、プロのオペレーターとして仕事をすることができます。

このような資格は、技能と知識の必要最低限のものをマスターしたと認められるレベルのものであり、仕事がこれだけあると自由に受注できるというものでなく、基本的にスタート地点であるという意識が必要です。



・DJI CAMP


DJIは世界で民生用の最も大手のドローンメーカーで、DJI CAMPはドローン技能認定資格として日本法人のDJI JAPANが運営しているものです。

DJIは、ドローンのプロ用のメーカーとして圧倒的なシェアを日本国内においても占めており、資格はDJIのものであるため、授業内容は安全性などについてのデータをベースにしたものであることがメリットです。

また、別の資格に比較して、費用が安いこともメリットです。

なお、授業内容には、DJIではないメーカーのドローンは含まれていません。



・DJIスペシャリスト


受けられるのはDJIユーザー、飛行経験が10時間以上、費用は税別で5万円~10万円、認定書を発行する費用は税別で15,000円です。



・DJIインストラクター


受けられるのはDJIユーザー、飛行経験が50時間以上、第三級陸上特殊無線技士の資格を取得、個人事業主・会社としてDJI CAMPスペシャリスト講座を開いて、DJIスペシャリストの監督、教育、技能認定を実施することで、費用が税別で10万円、認定証を発行する費用が税別で15,000円です。



・DPA(一般社団法人ドローン操縦士協会)


DPAは、安全運行や飛行技能についての情報と実技訓練の豊富なものをベースにした実習によって、ドローンオペレーターにすぐになるための経験と知識を広範囲に学習できる授業内容がメリットです。

ここでご紹介した資格の中においては、卒業する際にマスターできる技術と知識のレベルが最も高いものであるとともに、最も費用が高くなります。



・ドローン操縦士 回転翼3級


受けるためにドローンの操縦経験は必要無く、費用が税別で20万円、資格認定証などの発行と認定料が税込で12,000円、2年ごとの更新料が税込で6,000円です。



・ドローンインストラクター 回天翼3級


受けられるのはドローンの操縦経験が10時間以上、費用と2年ごとの更新料は公開されていません。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact