小型ドローンの魅力とは?

 

ドローンとしては、小型のものから大型のものまでいろいろな種類があります。

しかし、初めてドローンを操縦する時は、まず小型ドローンから始めるのがおすすめです。

小型ドローンは大型ドローンにない魅力があります。

ここでは、小型ドローンの魅力についてご紹介します。



ドローンのトータルの重量がバッテリーなどを含んで200g以上の場合は、航空法によって飛行できる方法や場所が規制されています。

例えば、「人口集中地区」の場合は、ドローンを自宅の庭で飛行する際にも、許可を国土交通省に前もってもらう必要があります。


当然ですが、大型ドローンのほとんどは、衝突を避けるための高い能力があったり、映像がきれいに撮れたりするなど、メリットがいろいろありますが、最も手軽に飛行したければ小型ドローンの方がおすすめでしょう。

手軽さが、小型ドローンの200g未満のものの最大のメリットです。



なお、航空法で規制されている重量に関しては次のようになっており、200g未満の小型ドローンの場合は航空法の規制の対象にはなっていません。

航空法で規制されているのは、飛行機、滑空機、回転翼航空機、飛行船で、人が乗ることが構造上できないものにおいて、自動操縦あるいは遠隔操作によって飛行できるもの(ドローン本体とバッテリーの重量のトータルが200g未満のものを除く)になっています。


そのため、航空法で規制されているのは、ドローン(マルチコプター)、農薬散布用ヘリコプター、ラジコン機などが対象になります。


なお、この場合に「ドローン本体とバッテリーのトータルの重量が200グラム未満」というのは注意する必要があります。

例えば、ドローン本体だけは200g未満であるが、バッテリーを含めれば200gをオーバーするようなケースは、航空法で規制されます。



また、航空法の場合は、基準が重量になっていることも注意しましょう。

いかに小型ドローンということでも、200g以上の重量の場合は航空法によって規制されます。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact