ドローンでプロモーション動画を撮影しよう!編集や活用方法のポイントを解説

 



ドローンにはさまざまな用途がありますが、その1つがプロモーション動画の撮影です。工夫すれば、個人でも非常にクオリティの高い動画を撮影することができます。しかし、編集がうまくいかない方や、実際のマーケティングに活用できない方もいるでしょう。そこで今回は、プロモーション動画の撮影・編集・活用方法について解説します。




■プロモーション動画は印象に残りやすく、宣伝・販促効果も抜群



プロモーション動画の活用について、「わざわざ難しいことをしなくても、写真やイラストで十分なのでは?」と考える方もいるかもしれません。しかし、実際に多くの企業がプロモーション動画の作成に力を入れ、認知拡大・販売促進・ブランディングなどのために活用しています。これはなぜなのでしょうか。


結論を簡単にいうと、音声もしくは画像のみの宣伝に比べ、動画の方が圧倒的に印象に残りやすいからです。ある調査によれば、特定のブランドに関する知識を消費者に与えたい場合、動画は音声のみの3.8倍、視覚情報のみの1.6倍も効果があることがわかっています。


同様に、広告があったことを消費者に思い出させる効果も、動画は音声のみの2.7倍、視覚情報のみの1.4倍も高いのです。それに加え、「YouTubeで宣伝動画を見られるかどうか」ということ自体が、消費者の行動に影響を与えるという結果が出ています。


ここまで大きな差があると、プロモーション動画を活用している企業は、そうでない企業よりもはるかに高い競争力を発揮できるでしょう。現代のプロモーションにおいて、動画の作成はもはや必要不可欠なのです。




■動画の撮影・編集は、目的に明確にしてから!



プロモーション動画の作成に挑戦しても、撮影や編集がなかなかうまくいかないケースは少なくありません。動画広告は確かに強力な武器ですが、クオリティが低かったり方向性を誤ったりすると、逆にマイナスのイメージを与えてしまう諸刃の剣でもあります。どうすれば効果的なプロモーション動画を作れるのでしょうか。


ポイントはいくつもありますが、真っ先に目を向けていただきたいのは「動画の目的を明確にする」ということです。動画広告の利用目的としては、主に「認知拡大」「販売促進」「ブランディング」の3つがあります。どれを目的にするのかによって、動画に求められるスタイルも変わってくるのです。


また、テレビCMとして使うのか、動画サイトに掲載するのか、SNSに埋め込むのかによっても、動画の長さや編集方法などは変えなければならないでしょう。これらをはっきりさせた上で、目的を絞って撮影・編集すれば、強いインパクトをもたらす動画を作ることができます。



■You Tubeにおけるプロモーション動画の活用方法



それでは、実際に YouTube でプロモーション動画を活用する場合、どのような方法が考えられるでしょうか? 主な方法としては以下の3つが挙げられます。


☑YouTubeチャンネル

ブランドの公式チャンネルを作成し、動画を配信してファンを獲得する方法です。作成そのものは難しくありませんが、成果を上げるには継続した活動が必要になります。ファンが増加すれば、強力な宣伝媒体となるでしょう。


☑YouTube広告

動画再生中やYou Tubeの広告欄などに広告を表示する方法です。適切な広告フォーマットを選べば、狙ったターゲットに確実に情報を与えることができます。ただし、広告の配信枠はオークション形式で獲得するため、想定より費用がかかってしまうかもしれません。


☑人気You Tuberの起用

高い影響力を持つ人気のYouTuber、いわゆるインフルエンサーを起用する方法です。うまくいけば、世間にあまり知られていない商品でも、瞬く間にファンを獲得することができます。ただし、人気の高い YouTuber であればあるほど費用(報酬)は高めです。


このように、どの方法にもメリットとデメリットがあります。自社のプロモーションに最も適しているのはどの方法なのか、じっくり検討するのが望ましいでしょう。



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOは、ドローンに関する事業全般を手掛けています。ドローンを使ったプロモーション動画の撮影はもちろん、撮影のレクチャーやドローンの販売・点検・修理・改良も可能です。プロモーション動画の撮影をご検討中の方は、お気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact