ドローン空撮の方法とは?

 

ドローンを使用するときは「空撮をしっかり撮影したい」と思う人もいるはずです。ドローンの空撮がしっかり行えれば綺麗な動画を記録に残すことができます。しかし、ドローンの空撮は簡単ではなく撮影方法をしっかり理解しておかないと期待通りの空撮は行えません。


ドローンの空撮の方法について紹介していきましょう。



■ドローンの空撮で知っておきたい方法


ドローンの空撮では知っておきたい方法があります。どのような方法を知っておくべきなのか以下の点をご覧ください。


【機体を回転させる】


空撮をしっかり行うには機体を回転させることが大事です。空撮を行うときに機体を回転させることで違った視点から空撮を行うことができます。


空撮をするときにチルトを動かすなら、綺麗な空撮を撮りやすいですが上級者向けのテクニックなのでドローンの操縦が問題なく基礎が身に付いているならチャレンジしてみることができます。


初心者であれば機体が安定しないため、逆にブレた空撮になりやすいです。自分のスキルをに合わせて機体を回転させて空撮するようにしましょう。


【ドローンを上昇させて撮影】


ドローンを上昇させるだけでも空撮は可能です。ドローンを上昇させて高い位置から地上に目掛けて空撮することで臨場感あふれる動画撮影が行えます。


ただ、ドローンを上昇させるのもテクニックが必要なので、初心者であれば自分の目線の高さから空撮してみること、または障害物のない場所で空撮するのがおすすめです。


【低く飛んで撮影】


ドローンは高い位置から空撮するだけでなく低い位置から空撮するのも醍醐味です。川の水面下を低飛空すれすれで撮影するなら何気ない川もダイナミックに撮影できます。低飛空ですれすれに飛ぶのはスキルが必要であり、川などの水面下ではドローンのセンサーが誤作動を起こすこともあるので注意はしておきましょう。




ドローンは空撮の方法によって映像の魅力や印象を変化させることができます。いろいろな空撮の方法を理解してスキルを身に付けるようにしましょう。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact