F値の基本を理解してミラーレスで上手に動画撮影しよう

 

ミラーレス一眼カメラで動画をうまく撮影するには、F値について理解することが欠かせません。そこで今回は、F値についての基本知識を解説します。



■F値とは?


F値とは、レンズの焦点距離を有効口径で割った値のことで、「絞り値」とも言います。もっと平たく言うと、レンズから光を取り込む穴の大きさを表す値のことです。


F値を大きく設定すると、穴の大きさが小さくなり、レンズから入ってくる光の量も少なくなります。F値を小さく設定すると、穴が大きくなり、光の量も多くなります。


F値を変えると、レンズから入ってくる光の量だけではなく、被写界深度(ピントが合う範囲)も変わります。F値が大きいほど広い範囲にピントを合わせられ、F値が小さいと狭い範囲にしかピントが合いません。


まとめると、下記の通りとなります。


・F値を大きく設定すると、光量が少なくなり映像が暗くなるが、広い範囲にピントが合う。


・F値を小さく設定すると、光量が多くなり映像が明るくなるが、狭い範囲にしかピントが合わない。



■動画撮影時のF値の設定の仕方


F値を小さくすると、被写体のみにピントを合わせて、手前にある物や背景をボカすことができ、印象的で臨場感のある動画に仕上がります。このような動画を撮影できるのは、大きなレンズやイメージセンサーを採用している一眼レフやミラーレス一眼ならではの強みと言えます。家庭用ビデオカメラやスマホなどでは、そのような撮影は難しいです。


もちろん、全体にピントを合わせたい場合にはF値を上げるべきですが、被写体を強調してクリエイティブな雰囲気の動画を撮影したい場合には、F値を小さくしましょう。


ただし、晴れた日の屋外などで撮影する場合、F値を小さくすると映像が明るくなり過ぎて白飛びをしてしまうことがあるので注意が必要です。写真を撮影する場合、明るさを抑えるためにはシャッタースピードを速くすればよいのですが、動画撮影においてはシャッタースピードを途中で変えるのはよくありません(詳しくは、「【動画撮影】フレームレートとシャッタースピードの関係とは?」の記事もご覧ください)。


そこで、役立つアイテムが「NDフィルター」です。これはカメラ用のサングラスのようなもので、レンズに取り付けることで明るさを抑えることができます。明るい環境でF値を小さくして撮影する場合には、白飛び防止のためにこれを活用するようにしましょう。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact