ミラーレス動画撮影のテクニックとは

 

昨今、ミラーレスの一眼レフなどを使用して動画撮影をする機会が増えているようです。ミラーレスのカメラを使用して上手に動画撮影を行うためには、どのようなテクニックがあればいいのでしょうか?


ミラーレスの動画撮影をする上でのテクニックをいくつかご紹介します。



●カメラは固定して撮影


カメラをしっかりと固定して撮影することが大事です。ボディが軽いミラーレスカメラで動画撮影を行うと、カメラが不安定で動いてしまい易く映像がブレてしまい、綺麗な動画撮影を行うことができません。


カメラを安定させるためには三脚の使用や、取り外し可能で自由に角度調整できるアームを使用して固定させることがおすすめです。屋外の場合はストラップをして脇をしっかり締めて足腰のバランス良く体を固定する他に、スムーズな動きの撮影が可能なスタビライザーの使用も検討すると良いです。カメラの固定は基本中の基本なので固定してからカメラ撮影するようにしましょう。



●ズーム機能は控えて撮影


カメラ撮影をするときにズーム機能を利用して動画撮影を行うことがありますが、ズーム撮影は被写体が大きくなる分、画質が粗くなってしまうので綺麗で鮮明な撮影を行うのにズーム撮影は極力控えた方がいいです。


もし被写体を大きくして撮影したいなら、カメラを近づけて撮影するのが良い方法です。遠近などを掴むのにスキルが必要になりますが、カメラの画質を活かすことができるため、鮮明な撮影を行うことができます。



●映像に緩急をつけてみる


ミラーレスカメラで撮影をする場合でも映像に緩急をつけることができます。映像をカットして分けて撮影するならスローモションやタイムプラスを用いて動画撮影することで、いろいろな撮影シーンを撮ることができます。


撮影するアングルも重要になってきます。自分がいいなと思う映像や動画をよく観察・研究をして、真似をするところからスタートしてみましょう。

映像に緩急をつけることは難易度が高い撮影ですが、その精度を上げるためにもボディの軽く扱いやすいミラーレスカメラで緩急をつけるスキルを覚えておくのがいいでしょう。



ミラーレスカメラの動画撮影のテクニックについて紹介しました。テクニックを駆使して動画撮影をすることで、より魅力的な動画を作ることができます。


ぜひ考慮してみてください。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact