測量にはRTK搭載ドローン!測量向けの機種を紹介

 

ドローン測量はカメラとGPS、高度計が搭載されているドローンであれば行なうことができますが、さらなる精度の向上を図れるのが「RTKシステム」を搭載した機体です。


このRTKシステムとは、どういうものなのでしょうか。そこで今回はRTKを搭載している測量用のドローンにはどんなメリットがあるのか、RTK搭載のドローンについて紹介します。



●RTKシステムはより正確な位置情報の取得が可能


ドローン測量は映像データと機体の位置情報からさまざまなデータを抽出します。そのため位置情報の正確さは高精度の測量データを得るために欠かせません。


一般的なドローンは米軍開発のGPSやロシアが開発したGLONASSなどGNSS(全球測位衛星システム)と呼ばれる衛星からの測位情報で位置情報を取得していますが、GNSSの性質上、数メートル単位での誤差が生じます。


その誤差を数センチ単位までに縮めるのが、RTKシステムを利用した位置情報取得です。これは測位衛星の情報に加えて、ドローンがある場所に一番近い「基準局」からの情報も取得して測位するため、より正確な位置情報が計れます。


位置情報の正確さはデータの精度と比例するため、RTKシステムを搭載したドローンだと、より高精度な測量データの抽出が可能なのです。


また高度もレーダー測位なので、気流などの影響を受けやすい従来の気圧計を用いた計測よりもずれが生じにくいというメリットもあります。



●RTK搭載の測量用ドローンといえば「Phantom 4 RTK」


測量用ドローンとして代表的な機体はDJI社の「Phantom 4 RTK」です。これは測量用に特化された機体で、ネットワーク型RTKに対応しているので、測量に必要な標定点を設置する必要がなく作業時間の短縮を図れます。


また情報を最適化する画像処理システム「TimeSync」測量用飛行アプリが搭載されているため、ドローン測量の強い味方です。




点検・測量用のDJI製「Matrice210 RTK V2」もRTKモジュールが搭載されています。付属している D-RTK2 を基準局として設置して使用するタイプで、障害物回避センサーが前方だけでなく上部・下部にもついているので障害物の多い場所の測量・点検に向いているでしょう。



2020年5月には「Matrice300RTK」が発売され、全6方向のセンサーやD-RTK、ネットワークRTK両方に対応など、さらにパワーアップしています。


ただし機体の性能をどこまで求めるかは測量する土地や必要なデータ、精度によって異なります。機能性が高いほど価格もあがるため、必要のない機能が付いている機体だと余計なコストがかかってしまうでしょう。


オーバースペックにならないよう欲しい測量データ、土地条件、予算に合った機体の性能を比較検討して選ぶことをおすすめします。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact