ドローンを操縦する際に練習する方法

 

初めてドローンを操縦する場合も多くあるのではないでしょうか。

初めてドローンを操縦する際は、まず練習する必要があります。

ここでは、ドローンを操縦する際に練習する方法についてご紹介します。


ドローンを今から操縦する場合やドローンを操縦し始めて間が無い場合は、ぜひ、参考にしてください。



●初めてドローンを操縦する際は感覚をマスターする必要がある


人は、普段生活する際に地面の上を走ったり、歩いたりしています。

そのため、人は足が地面に着いている場合の高低とスピードの感覚に慣れています。


このような感覚は、摩擦が地面の上に比較して少なく、自由に飛行するドローンとは非常に違っています。


ドローンを自分の一部の身体のように操縦するためには、ドローンの独特の感覚をマスターすることが必要です。


そのためには練習する必要がありますが、ドローンを練習する方法についての知識があればマスターするのも早くなるでしょう。


●ドローンを操縦する際に練習する方法


ドローンを操縦する際は、奥行きの感覚をマスターする必要があります。

奥行きの感覚を把握するためには、カラーコーンなどを10mごとにドローンを練習するところに置いて、10mほど進んだと目で判断したときにホバリングをします。


ホバリングしたときに真っ直ぐ下にドローンのカメラを向けて、カラーコーンが画面の中央にあると問題ありません。

中央にもし無い場合は、実際に飛行した距離と自分の奥行きの感覚が違っているため、中央になるようにしましょう。


また、同じような練習を、自分の方にドローンが来るような飛行の場合でも行ないましょう。


初めはドローンの高さを自分の目の高さと同じにした後、5m、10mなどというように高さをアップして練習すると、直感的に奥行きと高さの感じが把握できるようになります。


このような状態になれば、どこにドローンが行ってしまうかもしれないという心配が無くなって、自分が考えているように操縦することができるようになります。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact