ドローンの主な使い方とは?

 

ドローンの使い方としてはいろいろなものがあります。

ここでは、ドローンの主な使い方についてご紹介します。


●産業



ドローンは、いろいろな産業で導入されています。

農業では、ドローンが農薬を散布するために使われています。

農業で使われているドローンとしては、エンルートの「AC1500」やDJIの「AGRAS T20」などがあります。

建設では、ドローンが点検したり測量したりするために使われています。

ドローンは、国が推し進めている「i-Construction」にも必要です。

ドローンとしては、DJIの「Matrice 600 Pro」や「Phantom 4 RTK」などが使われています。

これ以外にも、ドローンは産業用として設備やインフラの点検、災害が発生したとき救助などで使われています。

また、物流ではドローンが配達などで期待されています。



●趣味



気軽に自宅で楽しめる趣味用の小型のドローンもあります。

部屋の中であれば、天候やドローン規制に関係なく自由に飛行することができます。

趣味ということでも、空撮を本格的に楽しんでいる人も多くいます。

例えば、ドローンを旅行に持って行ってドローンで風景などを撮っています。



●ドローンレース



世界中で、スピードを競争するドローンレースも盛んに実施されています。

ドローンレースの中には、賞金が億単位も出るようなものもあります。

日本では、ドローンレースを一般社団法人ジャパンドローンリーグ(JDL)や一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)などが行なっています。

ドローンレースとしては、「目視ドローンレース」というドローンを地上で見ながら操作するものや、「マイクロドローンレース」という部屋の中で30g~50gくらいのドローンを使って行うものなどがあります。

このようなドローンレースは、初めての人でも参加しやすいものです。

「FPVドローンレース」というのは、上級者クラスのもので、機体から届く映像をFPVゴーグルを着けて見ながら操縦するものです。

アマチュア無線4級の資格などが、このドローンレースに参加するためには必要です。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714

https://sora-bito.com/contact