空中で360度撮影!360度ドローンカメラで広がる新しい映像世界

 


360度カメラで撮影した映像を初めて見た時、その新しい映像世界に衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。360度カメラの登場によって、スキーで滑り降りる瞬間やサイクリングで走る様子が、まるで自分がその場にいるかのような視点で味わえるようになりました。InstagramやTikTok、YouTubeには、スポーツシーンや観光地などで撮影されたさまざまな360度カメラの動画が、世界中から投稿されています。


今回は、人気が高まっている360度カメラについてご紹介します。




■360度カメラとは



全方向が撮影できるレンズを使用することによって、360度全ての角度から映像を撮ることが可能となりました。360度カメラがあれば、旅先で感動した景色を死角なく記録でき、旅から戻った後に自宅でその風景を再現することが可能になります。VRと組み合わせれば、さらに臨場感が高まるでしょう。


360度カメラの映像が話題になったこともあり、各メーカーからも新機種が続々と発売され、さまざまな価格やスペックの360度カメラが登場しています。最近の360度カメラは小型化しているので、旅行で持って歩いたり、日常のワンシーンを気軽に撮影してSNSなどに投稿したりできるようになりました。




■360度カメラの種類


360度カメラには「全天球カメラ」と「半天球カメラ」の2種類があります。撮影したいものやスキルに合わせて機種を選ぶようにしましょう。



・半天球カメラ

半天球カメラは、カメラの水平方向に360度と垂直方向に180度撮影できるレンズが1枚だけついています。半天球との名前の通り、撮影できる範囲は左右と上部のみに限られてしまいますが、価格が安いメリットがあります。



・全天球カメラ

全天球カメラはレンズが前後に1枚ずつついており、2枚のレンズで撮影した映像を合成することによって、360度全ての角度の映像撮影が可能になっています。半天球に比べると価格は高くなりますが、上下左右360度をカバーする迫力のある映像を撮ることができます。全てを写せる一方で、撮影者や三脚、自撮り棒なども映り込んでしまうため、撮影に工夫が必要です。




■360度カメラとドローンの組み合わせで、空中での360度撮影が可能に!



いろいろな360度カメラが発売されていますが、その中でもアプリと連携して簡単に操作できる「Insta360」が人気です。「Insta360」はドローンの「DJI」と合体させることができるため、空中での360度撮影も可能です。


ただし、360度カメラをドローンに組み合わせて使用する場合は「通常版」ではなく「ドローン版」が必要になります。通常版とはバッテリーやカメラ位置が異なるので、購入の際は注意しましょう。


「Insta360 ONE Rドローン版」の2つのカメラをドローン本体の上下に取り付けることで、映像にドローンが映り込む心配もなくなり、撮った映像からドローンを消す作業も不要になりました。2つのカメラの映像をつなぎ合わせれば、空中を自在に飛び回る上下左右の360度動画が制作できます。




■360度ドローンカメラで新しい映像体験を!



360度カメラはスポーツや観光地での撮影だけでなく、アーティスティックな映像作品や斬新な映像手法としても注目されています。森林など自然の中で撮影することによって、物語の中にいるような世界観を作り出すこともできます。360度カメラとドローンを組み合わせて空中から撮影することで、今まで誰も見たことがない映像作品を生み出すことも可能になるでしょう。


ドローンと360度カメラを使った空中撮影には、ドローン操作の技術が必要です。操作について不安がある方は、より良い映像を撮影するためにも、プロのサポートを依頼することをおすすめします。


SORABITOではドローンの選び方や、実際の操作方法についてのセミナーも行っております。ドローンでの撮影依頼も承っておりますので、ドローン撮影に興味を持たれた方は、宮城県塩竃市のSORABITOまでお気軽にご相談ください。