一眼レフとミラーレスで迷ったときの比較ポイントはコレ!

 

「本格的なカメラが欲しい!」と思ったときにまず悩むのが一眼レフとミラーレスどちらにすればいいのか、というところです。どちらの方が綺麗な写真を撮れるのか、そもそもどんな違いがあるのか、など疑問が尽きないかもしれません。


そこで、一眼レフとミラーレスの違いを知ってどちらが向いているのか考えてみましょう。



●一眼レフとミラーレスは構造に違いがある


一眼レフとミラーレスの根本的な違いは、カメラ内にミラーが内蔵されているかどうかです。


一眼レフカメラはレンズから入ったものをカメラの内部にあるミラーで反射させて光学ファインダーまで届けます。そうすることでレンズに写る映像をファインダーからそのまま見ることができるのです。


一方、ミラーレスカメラはその名の通り、内部のミラーを取り除いているので、レンズの映像は変換して液晶モニターに表示しています。


この違いは画質よりもカメラの大きさ・重さに影響を与えます。画質の違いが大きく出るのは、搭載センサーや使用するレンズ次第でしょう。




●小さくても本格的な撮影を楽しめるミラーレス


ミラーが内蔵されていない分、ミラーレスは軽量・小型で持ち運びもしやすく、気軽に本格的なカメラに挑戦できます。


軽量化をはかっているので一眼レフに比べるとバッテリーの持続時間が短い機種も多いですが、なんにせよ小型なので予備のバッテリーを持ち歩くのも苦ではありません。


常にカメラを持ち歩いて日常の一コマを撮影したい、スマホ撮影からレベルアップしたいという方に向いているでしょう。




●一眼レフは動く被写体やカメラをしっかり構えた本格的な撮影向き


ミラーと光学ファインダーを使用している構造の利点は、ファインダーから見た映像と撮った写真が同じものになることです。


ミラーレスカメラは液晶へ映像を変換するという過程があるので、液晶モニターの映像と撮影した映像には少しタイムラグがあります。静止している被写体なら気になりませんが、動く被写体だと、出来上がりの写真が思っていたものとは少し違うなんてことも。


そのためスポーツや生き物など動きのある被写体の瞬間的なシャッターチャンスを狙うなら一眼レフです。


大きさ、重さもありますがその分より本格的な撮影が可能。重厚感のあるカメラらしいスタイルにレンズの種類も豊富で、慣れていくうちにカメラの深い世界も楽しめるでしょう。



一眼レフとミラーレスには構造の違いはありますが、どちらもクオリティの高い写真が撮れます。カメラ撮影を存分に楽しむためにも、撮影スタイルや撮りたいものに合わせて選ぶようにしましょう。




■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714