RAWデータで撮影するメリットとは?

 

今回の記事では、画像や動画のRAWデータとは何か、RAWデータで撮影することにはどんなメリットがあるのかを解説します。



■RAWデータとは何か?



RAWデータとは、カメラのプロセス回路で処理される前、つまり視覚化される前の状態の画像データや動画データのことです。つまり、JPEGなどの画像ファイルやMP4などの動画ファイルとして保存する前の「生」のデータということです。


RAWデータの画像や動画は、通常の画像/動画再生ソフトで見ることはできません。専用の現像ソフトで処理することではじめて可視化されます。



■RAWデータで撮影するメリットは?




RAWデータには光・色・階調についての大量の情報が保持されているため、「後から編集できる幅が大きい」というメリットがあります。具体的には、ホワイトバランスや明るさ、コントラストを比較的自由に調整できます。


JPEGなどの画像ファイルも編集ソフトでいろいろ調整を加えることはできますが、各画素にすでに色が復元されてしまっている状態のため、大きく変更すると不自然な色合いになったり色が潰れたりして、画像が劣化してしまいます。基本的には微調整しかできないのです。


一方、RAWデータは「生」の状態なので、劣化を起こさずにいろいろと編集ができます。もちろん、RAWデータの編集にも限界はありますが、JPEGよりははるかに自由度が高いと言えます。


写真に関しては、RAW形式で撮影することは広く行われています。プロだけではなくアマチュアの人たちもRAW撮影を楽しんでいます。


ただし、動画においては、まだRAW撮影は一般的ではありません。なぜなら、RAWデータには「容量が大きい」というデメリットがあるからです。たとえば、あるメーカーのRAW形式ですと、1時間の4K動画の撮影データが1.3TB(1,300GB)にもなってしまいます。このため、1~2分のショートムービーであればいいのですが、長時間撮影でRAW形式を選択することは現時点では無謀と言えるでしょう。


でも、今後、カメラやパソコン、編集ソフトなどの性能が上がっていけば、長時間の動画もRAWデータで撮影するということが広く行われるようになるかもしれません。



■ドローンの活用をサポートします



宮城県塩竃市の株式会社SORABITOでは、ドローンにまつわるすべての業務を担うエキスパートです。ドローンの販売・修理から撮影、レクチャー、セミナー、コンサルティングまで何でもお任せ! ドローンを業務で活用したい企業様、ドローンの操縦技術を身に着けたい一般の方など、ドローンに興味のある方はお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

tel.022-353-9714